FANDOM

  • Curly hair44

    北米東海岸最大規模のポップカルチャーの祭典ニューヨーク コミックコン(NYCC)が今年も10月4日から7日まで開催されました!

    SDCCに続いて盛り上がる秋の祭典では、秋に新シーズンがスタートするテレビドラマの直前のホットな情報や年末から来年に公開する映画のパネルなど、楽しみなニュースが毎日のように更新されました。

    ラスべガスで起きた事件を配慮して『パニッシャー』のパネルがキャンセルということもありましたが、それぞれのパネルで話題になった出来事をダイジェストでお届けします。 (現地最新情報ですので、動画などオリジナル原語になります)




    第11シーズンを迎える『X-ファイル』こと『The X-Files』は、パネルにはフォックス・モルダー役のデヴィッド・ドゥカヴニー、ウォルター・スキナー役のミッチ・ピレッジらが登壇し、新シリーズでの再会を喜んだ。

    ドゥカブニーは二人のファイトシーンも昔とは異なり、年を取ったものだとジョークで会場の笑いを誘った。レギュラーシーズン終了後に復活した第10シーズンは6話と短かったが、今回は10エピソードからなり2018年の1月に放送がスタートする。新シーズンにはスモーキング・マン、モルダーとスカリーの息子ウィリアムも登場予定。

    全文を読む >
  • Curly hair44


    ツイン・ピークス The Return、日本でもPart 6まで放送されましたね。25年ぶりの懐かしいキャラクターもいれば、はじめましてのキャラクターも登場(新キャラの多さに覚えきれず、やや混乱気味…)。大物ゲストの登場や久しぶりのキャラの変わりっぷりに驚いたり、このあたりで一度振り返りってみましょう!

    以下新シリーズのネタバレにもつながりますので、ご注意ください。


    まずは『ツイン・ピークス』シリーズの顔、主人公のデイル・クーパーの25年後をご紹介。こちらは若かりし頃を再確認。


    25年後、ほとんど外見が変わっていません!スーツ姿もあいかわらずかっこいいですね。ブラックロッジに閉じ込められていたクーパーですが、ここからストーリーがまた始まります。


    クーパーのドッペルゲンガーも第二部に続いて登場。ドッペルゲンガーはロン毛に革ジャンと、見た目にもとてもわかりやすく悪い雰囲気を醸し出しています。(実際も相当悪いです!)二人の関係性が新シリーズの軸に。


    そして今回カイル・マクラクランは3役目を演じています。 ダギーはクーパーよりもふくよかで、女や金関係もだらしない様子。あっという間に消えてしまうので悪いやつだったのか良いやつだったのかジャッジはできませんが、クーパーやドッペルゲンガーの存在は知らず巻き込まれた男、あるいは何かの目的のために作られたのかもしれません。

    続いては懐かしいキャラクター、まずはツイン・ピークス保安官事務所のメンバー!


    この異空間では新シリーズでも引き続き驚きが多く、赤いカーテンがゆらめくたびに何が出てくるのかと心拍数が上がります! 黒いドレスをひきずり登場したのはmローラ・パーマー!!!この世界でも時は流れて年を重ねていました。そして巨人、マイクのおなじみの顔も。いまま ……







    全文を読む >
  • Curly hair44

    コミックや映画、テレビドラマに関する北米最大規模の祭典コミックコン インターナショナル:サンディエゴ(SDCC)が今年も7月20日から23日まで開催されました!

    スタジオ、各タイトル毎に催されるパネルでは毎年サプライズニュースが発表されたり、最新のトレーラーが公開されたりとこの4日間は見逃せない、聞き逃せない情報ばかり!

    それぞれのパネルで話題になったトレーラーを中心に今年のコミコンを早足で振り返ってみましょう。



    新シーズンが今月開始したばかりの『ゲーム・オブ・スローンズ』のパネルではホーダー役のクリスチャン・ナイアンが司会進行を務め、サンサ役のソフィー・ターナー、ブラン役のアイザック・ヘンプステッド・ライト、シオン役のアルフィー・アレンなど主要キャストが登壇した。第2話以降の展開が予想される映像も公開している。


    『ウォーキング・デッド』のパネルで公開されたこの秋はじまるシーズン8のトレーラーのエンディングが、ファンの間で話題を集めている。病室のような場所で、白髪にヒゲを生やして横たわっているリックの姿が映り、これはシーズン1の第1話と重なる。一体どういうことか、と様々な予想がされているようだ。


    オリバー/アロー役のスティーヴン・アメル、ケイティ・キャシディ、デヴィッド・ラムゼイ、エミリー・ベット・リッカーズ、ウィラ・ホランドら主要キャストとエグゼクティブ・プロデューサーのマーク・グッゲンハイム、ウェンディ・メリクルが登壇したパネルでは本作のシーズン6のトレーラーが公開された。メリクルは新シーズンではオリバーのこれまでとは違った部分も見えてくると話した。父親になったオリバーの設定をアメル自身も楽しみにしているそう。質問コーナーで『スーパーナチュラル』とのクロスオーバーの可能性を尋 ……





    全文を読む >
  • Curly hair44

    待ちにまった冬がやってくる!(現実世界ではあづ〜い夏ですが...)

    『ゲーム・オブ・スローンズ』の新シーズン放映が近づくにつれてさまざまな情報がポロポロとこぼれていますが、HBOからオフィシャル画像も公開に。もう待てないのでその15枚の画像から勝手ながらシーズン7の展開を先読み、GOT探偵として推理したいと思います。(ときどきただの感想もっ。失敬。)



    シーズン6でついに自らが「鉄の王座」に就いたサーセイ。しかしトメイが自殺し、ジェイミーとの間に生まれた子供たちはついにいなくなりました。やっとたどり着いた楽園に不穏な空気が漂いますね。そして的中率がとんでもなく高いマギーの予言によると「弟に殺される」はずなのです。もちろんティリオンが妥当ですが、ジェイミー説だってありえます。



    若き熊の島の女公リアナはびっくりするほど早熟で優秀ですね。シーズン6では鍵を握る存在のひとりだったので、今シーズンでも彼女の言動が大きなことを動かすのでしょうか。 (ピン撮りなこともさらなる活躍の予感...)



    もともと教養と洞察力のあるサムが“シタデル”知識の城で訓練を積み、ついにホワイト・ウォーカーと戦うための最良手段を導き出すのでは!?



    緑視者となったブランから目が離せません。彼の能力により様々な謎が明らかになり、運命が変わる人もでてくるはずです。そしてブランはナイトキングから逃げ切れるのでしょうか?すでにブランがジョン・スノウの本当の名前を幻視によって知るということはリークされちゃっています。



    野人トアマンドはブライエニーに色目を使っているようですが、ブライエニーはジェイミーに気があるような素振りも。二人(ブライエニーとジェイミー)の間には男女間を超えた、お互いへの尊敬とかもっと深い感情かもしれません。



    シ ……













    全文を読む >

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。